--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 03. 28  
東日本大震災で被災された皆様、心よりお見舞い申し上げると共に
一刻も早い復興をお祈り申し上げます。
また、多くの方々の尊い命が失われたことに対し、深くお悔やみを申し上げます。

3月25日のスーパーニュースにて
大震災でライフラインが絶たれた被災地で、
最も早く復旧した通信手段は郵便だったと
被災地である釜石郵便局のことが放送されていた。

kamaisi1.jpg kamaisi2.jpg

津波で釜石郵便局も壊滅的な被害を受けた。
そんな中、臨時の郵便局を開いて配達業務を
再開させている職員の様子が映し出されていた。

まだまだ郵便車や自転車では行けないところが多く
少しでも早く届けたいと瓦礫を渡り急ぐ郵便屋さん。
手には、被災者へいち早く届けてほしい大切な手紙。
背中には、それを入れるリュック。

家を探すではなく、人づてで、人を探しながらの配達。
そこに郵便物を届けるだけではなく、
頼まれた伝言や状況を伝えたりもしている。

一通一通手渡す手紙に被災者の喜ぶ姿や、涙を浮かべる人。
電話も通じないところでは、唯一、この手紙で無事を確認できる。
ありがたいありがたいと何度も頭を下げる人もいた。

郵便屋さんにしか出来ないことがある。

「私たちはどんな状況でも配達する責務がある」と
郵便事業株式会社の支店長さんが話されていました。

職員がガレキの中に埋もれていたポストを回収し、
その中から泥まみれになった郵便物を宝物のようにそっと取り出し、
文字が消えないよう注意を払いながら一通ずつ剥がしお日様の下で乾かしていた。
一人でも多くの人に届くようにと、あふれる優しさがとても眩しかった。

各地の避難所に紙の箱で作った臨時ポストを設置し、
無料で葉書を配り、大切な人に郵便を出せるサービスも行っていた。

郵便屋さんの仕事はこの国には
無くてはならないものであると改めて思う。

今、被災地でひとりひとりが踏ん張っている。
地元の小学生が中学生が高校生が卒業生がそして大人たちが
みんなみんな力を出し合っている。

寂しいけれど、つらいけれど、苦しいけれど、
もう一度大好きなふるさとを取り戻すと誓いながら
毎日、知恵を絞り、体をフルに動かしている。

東北の人たちは凄いと思う。
でも、この凄さは全国だけではなく、全世界のひとりひとりに
大切な何かを気づかせてくれている凄さとなっている。

今、私たちひとりひとりが出来ることは沢山ある。
それぞれがそれを見つけ実行していきたいと思います。



2011. 02. 01  
「絵手紙の日」にちなみ札幌中央郵便局で作品展
 小学生の力作約200点も

2月3日の「絵手紙の日」にちなんで札幌中央郵便局(東区北6東1、濱口弘喜局長)の
お客さまロビーを会場に、札幌絵手紙の会(笠井則子会長)の作品展が始まりました。

出前授業でチャレンジした市内の小学生の力作も展示され、バラエティー豊かな作品が
訪れる利用客の目を楽しませています。

絵手紙の日は昨年から制定されていますが、日本絵手紙協会の公認講師15人でつくる
同会では愛好者のすそ野を広げる機会ととらえ、作品展を行っています。

今年もメンバーが指導する各教室で学ぶ主婦らの作品のほか、郵便事業株式会社北海道支社が
昨春から札幌市内の小学校へ派遣している「絵手紙出前授業」を行った市立大倉山小、
市立豊平小の児童たちの作品も展示しています。

また、会場の一角では無料の絵手紙体験コーナーを併設しており、2月4日までの午前10時から
午後3時までの間、希望する来場者に会員が交代で描き方などを教えています。
当番の会員も「絵の具や筆は用意してあります。気軽に立ち寄って絵手紙に挑戦、
その場で投函してみませんか」と呼びかけています。

札幌絵手紙の会
2010. 12. 20  
goukaku06s.gif
好評!恵庭福住局などで合格祈願封筒プレゼント
部会内17局で受験生応援

 恵庭福住郵便局(恵庭市福角町2‐1‐7、坂本寿紀局長)などで、
今年も窓口に願書を差し出しに訪れた受験生へ
社員手作りの合格祈願封筒プレゼントが始まりました。

社員が激励文を添え書きした手作り封筒に受領書を入れて渡しており、
春には吉報を報告に来る受験生もおり、郵便局と地域の交流に役立っているということです。

 早くから開局していることから、
利用者の年齢が高い悩みを抱えていましたが、
3年前に坂本局長が「難関に挑む受験生を勇気づけ、
若者の利用を呼び込もう」と発案しました。

社員もかわいらしいデザインの用紙を使って封筒を手作りし、
応援メッセージを添えるなどの知恵を絞りました。

 高校や大学ばかりでなく消防士や公務員などの試験、
各種資格試験の願書を郵送する際、窓口で希望する利用者に渡しています。
毎年12月中旬から始め、受験シーズンが終わるまで年平均50人前後が受け取ってくれ、
発表後に「おかげで合格したよ」と笑顔で訪れる学生もいるそうです。

 坂本局局長は「これがきっかけで親や祖父母の方も来てくれるようになるなど、
狙いが若干当たったのでは」と顔をほころばせています。
この取組みは現在、同市内と北広島市内を含む恵庭部会17局にも広がり、
地域との交流にも役立っているそうです。

合格祈願封筒

goukaku01s.gif





2010. 12. 03  
kadomatu01_20101203103537.gif 札幌中央郵便局(東区北6東1、濱口弘喜局長)に、
              今年もジャンボ門松がお目見えしました。
オイルの空き缶を積み上げた高さ4・5㍍もの大きさで、
師走を告げる縁起物に訪れた利用者も年の瀬入りを実感させられたようでした。

 缶のふくらみが竹の節目に見えることをヒントに、
緑色に着色して青竹を表現、切り口の淵にダンボールを巻いて
より竹らしさにもこだわっています。

1組3本で2箇所に合わせて48缶を使い、
竹の回りにマツや玉飾りを配しており、
遠くからだと本物と見間違うほどの出来栄えです。

 参院選の与党敗北によるねじれ国会、内政・外交ともに迷走する菅政権、
次回国会に持ち越した郵政改革法案など、日本の政治は暗雲漂うばかり。
道内経済も依然出口が見えず、閉塞感から抜けきれないなど不本意な1年でした。
師走の風物詩登場にこの1年を総括するきっかけになりました。

■札幌中央郵便局の名物・門松の出来上がり

札幌中央郵便局の門松
2010. 10. 15  
●利用者500人に秋の味覚プレゼント

移転新築から10年を迎えた山鼻郵便局(中央区南16条西15丁目、吉田聡局長)で
10月15日、リニューアル10周年お客さま感謝デーを行い、訪れた地域のお客様に
果物や野菜をプレゼントしました。

分社民営化以来、郵便局のこうした催しがめっきり少なくなっていますが、
始業時間前からお客さまに並んでいただき、ロビーには久々に活気があふれていました。

山鼻局は1973年に同区南15条西15丁目に開局しましたが、
2000年10月、現在地に移転新築されました。
この節目にちなんで吉田局長が以前勤務した縁を生かし、南区の農家の協力で
リンゴとナシの袋詰め200個、ジャガイモの袋詰め300個を用意し感謝デーを企画しました。

当日は午前9時前から10人を超えるお客さまが並び、窓口利用の先着客にリンゴとナシ、
12日から「山鼻郵便局と市電の歴史パネル展」を開催しているコミュニティールームを
訪れた地域の人にジャガイモを贈りました。
プレゼントは1時間余りで配り終える人気ぶり、市内の有名洋菓子店のカットケーキや
郵便局で扱っているわけあり梅干、カボス飲料水の試食飲コーナーも賑わい、
女性社員が応対に追われていました。

■秋の味覚プレゼントや試食飲コーナーに詰め掛けたお客様

山鼻10周年

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。