--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 01. 30  
法人会員含め120人が懇親深める

 「平成25年新春の集い」の旭川会場は、1月27日午後4時半から旭川トーヨーホテル(旭川市7条7丁目)で開かれ、旭川市内をはじめ上川や北上川、留萌の日本郵政グループ各社社員やOB、法人会員ら120人が出席し、酒造のまちらしくコモ樽の鏡開きで威勢良く新たな年のスタートを切りました。
 佐渡孝史本部長が「本格統合に向けて心はひとつで組織づくり、業務に当たってほしい」と呼びかけ、来賓紹介を受けて旭川市議会の三井幸雄議長が「まちづくりに郵便局の存在は欠かせない。地域との連携に配慮を」と訴えました。日本郵便北海道支社の幸谷克裕お客さまサービス部長が祝辞、三井議長や各社、OB代表ら13人がステージに用意された2つのコモ樽を槌で割り、笠井裕之同支社業務部長の乾杯で開会しました。
 法人会員の近畿日本ツーリスト旭川支店の阪本佳彦支店長、弘文社の馬場康博代表取締役を皮切りに各郵便局、各連絡会、ゆうちょ銀行旭川支店などの出席者全員が登壇して紹介され、それぞれ代表が決意を述べました。
また、今回は留萌連絡会から6人の局長が初参加したほか、西川将人旭川市長からのメッセージも披露されました。各テーブルでは、出席者たちが新しい1年の飛躍を誓いながら談笑、かんぽ生命保険の佐藤文彦旭川支店長の一本締めで閉会しました。

①あいさつする三井幸雄旭川市議会議長
旭川市議会議長

②出席者代表がステージ上でコモ樽の鏡開き
鏡開き

③笠井業務部長の乾杯でスタート
乾杯
NEXT Entry
今年も熱戦目白押しの第48回囲碁大会
NEW Topics
今日の一枚(カラー)
健康歩く会参加者募集中!!
今日の一枚(スノードロップ)
お花見は暖かい服装で・・・・・・
チャリティー地域ふれあいコンサート出演者変更のお知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。