--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 01. 09  
約80人が和気藹々の交流
グループ各社幹部が人脈づくりに親睦深める

 通信文化協会北海道地方本部の新春の集いには多数の法人会員が参加したのを受け、佐渡孝史本部長が「JPグループ各社の幹部にとってネットワークづくりに絶好のチャンス。折角の顔ぶれと機会を逃す手はない」との発案で、終了後の午後8時過ぎから別室で名刺交換会を兼ねた第二部を開催しました。参加した約80人は、お互いの仕事などを話題に初対面の壁を乗り越え、今後のビジネス交流を誓い合っていました。
 札幌を中心に33団体もの法人会員を抱える北海道地方本部では、グループ各社と他企業との橋渡し役を果たす方策を模索していたが、今回初めて新春の集い第二部として企画しました。これまで新春の集いでは時間的な制約があって十分な面談ができないとの思いもよせられていたせいか、法人会員関係者の反応はすこぶる良く、思っていた以上の参加者となりました。
 北海道郵便逓送の加藤欽也社長の音頭で乾杯した参加者たちを佐渡本部長が紹介して回り、この会の狙いを「お互いのビジネスに生かすべく交流の場としておただきたい」と説明しました。参加者たちは各自のテーブルを越えて名刺を交換したり、仕事の話などで大いに盛り上がっていました。最後にゆうちょ銀行北海道エリア本部の小林正本部長が「営業の面からこうした機会を作ってくれた北海道地方本部に心から感謝します」と謝辞を述べていました。

予想以上の会員が集まった新春の集い第二部
⑦名刺交換会

感謝の言葉を述べるゆうちょ銀行小林北海道エリア本部長
⑧小林本部長
NEXT Entry
12日に函館・帯広でも通信文化協会の平成25年新春の集い
NEW Topics
今日の一枚(カラー)
健康歩く会参加者募集中!!
今日の一枚(スノードロップ)
お花見は暖かい服装で・・・・・・
チャリティー地域ふれあいコンサート出演者変更のお知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。