--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 07. 24  
各支店や各郵便局から101人が参加
競技終了後は焼肉パーティーで親睦深める

 今年も日本郵政オール北見パークゴルフ大会が7月21日、北見モイワスポーツワールドのパークゴルフコースで行われ、オホーツク振興局管内の各支店、各郵便局の社員、OB101人が参加しました。グリーン上で熱戦を繰り広げた後は、センターハウスの特設会場に席を移して焼肉パーティーで親睦を深め、激励に駆けつけた井上久男置戸町長と一緒に表彰式、抽選会で一喜一憂していました。
 大会は、地域会員交流の1つとして通信文化協会北海道地方本部が昨年から開催し、好評を博しています。開会式では、郵政民営化改革法成立後の社員に向けてエールの気持ちを込めた「心はひとつ」の横断幕を掲げ、佐渡孝史本部長が「待ち構える難局をこの気持ちで乗り越え、地域の人々のための郵便局づくりに当たって欲しい」と訴えました。
 1組4人か3人の編成で、管内屈指のコースに飛び出した社員たちは、曇り空の下、真剣な表情でスコアメイクに汗を流していました。緑豊かなグリーンのあちこちで「ナイスショット!」、「ラフにつかまった」などの声も飛び交い、和気あいあいの雰囲気で進んでいました。
 その後の焼肉パーティーには、北海道町村会副会長でオホーツク町村会会長の井上置戸町長も顔を出し、社員に「郵便局は地域住民にとってかけがいのない存在。法改正を受けて今後予想される事態に、心は1つの精神で頑張ってください」と激励した。
 表彰式では、優勝したOBの鈴木忠司さん(北見市)らに賞品が贈られました。さらにお楽しみ抽選会に移り、置戸町長賞が4人に当たり、注目の折りたたみ式自転車は網走支店の伊藤春吉さんと北見郵便局の勝見掌さんが射止め、周囲から羨望の拍手がおくられていました。


① 佐渡本部長の挨拶で始まった開会式
パーク開会式

② 緊張のティーショット
パークプレー1

③ カップを狙って慎重に
パークプレー2

④ 参加者を激励する井上置戸町長
パーク井上町長

⑤ 自転車に笑顔の伊藤さん
自転車1

⑥ 思いがけない吉報を喜ぶ勝見さん
自転車2

NEXT Entry
北大ジンパに参加しよう!
NEW Topics
今日の一枚(カラー)
健康歩く会参加者募集中!!
今日の一枚(スノードロップ)
お花見は暖かい服装で・・・・・・
チャリティー地域ふれあいコンサート出演者変更のお知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。