--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 05. 02  
22日(火)にホテルニューオータニイン札幌で
NTT東日本札幌病院の小池隆夫院長が「糖尿病とメタボについて」
総合基盤局電気通信事業部長の原口亮介部長が「最近の電気通信事業の現状と課題」
北海道地方本部で来場を呼びかける


 通信文化協会北海道地方本部では、協会の公益財団法人の認可と名称変更を受けて5月22日(火曜日)午後1時から札幌市中央区北2条西1丁目のホテルニューオータニイン札幌で発足記念講演会を開催します。第1部はNTT東日本札幌病院の小池隆夫院長が「糖尿病とメタボについて」、第2部では総務省総合通信基盤局の原口亮介電気通信事業部長が「最近の電気通信事業の現状と課題」をテーマに講演します。入場は無料です。
 協会は公益法人制度改革関連法案に基づき4月から公益財団法人となり、名称もそれまでの逓信協会から通信文化協会へと改め、郵政グループをはじめとする情報通信や放送など幅広い分野での通信文化の普及・発展を目指すため、趣旨に沿った公益目的事業を展開するとともに会員の福利厚生にも力を入れていくことになりました。そこで北海道地方本部は、元逓信協会会長の故岡野裕氏の遺族からの寄付金で設立された基金の適用を受け、広く市民にも参加を呼びかける公益性を重視した今回の講演会を企画しました。郵便局㈱北海道支社や郵便事業㈱北海道支社、㈱ゆうちょ銀行北海道エリア本部、㈱かんぽ生命保険札幌支店、北海道地方郵便局長会、総務省北海道総合通信局、NTT東日本札幌病院の後援を受けて実現しました。
 講師の小池院長は、1947年10月生まれ、北大医学部卒業後に同大付属病院医員、米国カリフォルニア州立大に留学、京大医学部や千葉大医学部助手を経て1992年に母校の北大医学部内科学第二講座教授に就任し、最先端医学に基づく診察、治療、研究を続け、2011年4月から現職に就いています。日本リウマチ学会理事、日本臨床免疫学会理事、日本アレルギー学会評議員など多数の学会で要職に就き、2006年まで日本糖尿病学会北海道支部長を務めていました。
 また、原口部長は1957年9月生まれ、東大法学部卒業後の1981年に当時の郵政省入省、在パキスタン大使館二等書記官、郵政省大臣官房秘書課広報室長、総務省郵政行政局総務課長、総務省大臣官房総務課長などを歴任し、2010年から総務省総合通信基盤局電気通信事業部長を務めています。1994年から2年間、北海道郵政局の総務部長を務めており、グループ各社の社員の中には一緒に机を並べた方もいるのではないでしょうか。
 講演は第1部を1時間、第2部が50分を予定しています。入場希望者は5月18日(金曜日)までに電話かはがき、ファックスで公益財団法人通信文化協会北海道地方本部(〒060-0807 札幌市北区北7条西2丁目6 37山京ビル303 Tel・Fax011-738-0525)へ申し込んでください。
NEXT Entry
ホテルニューオータニイン札幌で通信文化協会発足記念講演会開催
NEW Topics
今日の一枚(カラー)
健康歩く会参加者募集中!!
今日の一枚(スノードロップ)
お花見は暖かい服装で・・・・・・
チャリティー地域ふれあいコンサート出演者変更のお知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。