--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 05. 23  
医療・電気通信の講演2つに約360人耳傾ける

 今年4月に新たな船出を飾った公益財団法人通信文化協会の発足を記念し、北海道地方本部(佐渡孝史本部長)は5月22日、ホテルニューオータニイン札幌で講演会を開催しました。医療と電気通信事業という2つのテーマの講演に、石狩圏を含む札幌市内郵便局各部会の社員や市民約360人が耳を傾け、メモを走らせていました。
 同地方本部では、新法人の趣旨の1つにもなっている高い公益性に配慮し、今回は幅広い市民にも親しめる医療、電気通信事業を講演会の課題に選びました。このため事前申し込みの段階から市民の申し込みが多く、日本郵政グループ各社、北海道地方郵便局長会の後援もあって社員ら定員の300人を上回る来場者が詰め掛けました。
 第1部では、NTT東日本札幌病院の小池隆夫院長が「糖尿病とメタボについて」と題し、約1時間の講演を行いました。話の中で小池院長は、糖尿病とは血管の病気であり、細い血管障害による網膜症や糖尿病腎臓症、神経障害の3大合併症のほか、太い血管障害で脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすことなどをパワーポイントで詳しく説明しました。
 また、その危険シグナルとなるメタボリック症候群についてもリンゴ型(内臓脂肪型肥満)と洋ナシ型(皮下脂肪型肥満)の2つがあると違いを示しました。その上でリンゴ型に問題があり、食べ過ぎの厳禁や運動不足の解消など生活習慣の改善を強く訴えました。
 第2部は、総務省総合通信基盤局電気通信事業部の原口亮介部長が「最近の電気通信事業の現状と課題」をテーマに約50分間の講演をしました。18年前に2年間、当時の北海道郵政局総務部長を務めた原口部長は、本道勤務の思い出などに触れた後、持参して配布した資料を使いながら最新の電気通信事情を紹介しました。
 携帯電話やブロードバンド、IP電話の各契約数が、昨年12月末でNTT加入電話の契約数を上回り、電気通信業界が目覚しいスピードで変化していると語りました。さらに携帯電話は2015年までに国際基準の第4世代を導入するなど、電気通信行政が果たす今後の役割の重要性を強調しました。
 終了後、別室で両講師を囲んでの茶話会が開かれ、会議で講演会を欠席した大久保明北海道総合通信局長、来場者のうち参加を希望した40人余りが参加しました。小池院長と原口部長は、出席者と名刺を交しながら懇談、親睦を深めていました。


 ①医療と電気通信の2つをテーマに開かれた発足記念講演会
講演会

 ②茶話会で親しく懇談する出席者たち
茶話会
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。