--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 06. 21  
第19回歩く会に56人が参加
札幌地下歩行空間を散策
熱心にワインセミナー聴講

 今年3月に開通した札幌地下歩行空間などの散策を楽しむ第19回健康歩く会が、
6月17日に賛助会員56人が参加して行われました。

歩いた後はバスで小樽市に向かい、北海道ワインでセミナーを受けたり、
かんぽの宿小樽で歌謡舞踊ショーを見ながら昼食に舌鼓を打ちました。

 午前9時にテレビ塔前に集合した一行は、会費3千円を納めて
早速地下街入り口の階段を下り、三々五々歩き始めました。

大通駅近くで旧北海道拓殖銀行の大きな金庫室の扉などを目にする人、
北1条通り地下道では北海道開発局が展示している「北の道路物語」の
パネルに見入る人もいました。

 大通駅と札幌駅を結ぶ地下歩行空間を経てJR札幌駅北口からバス2台に分乗、
小樽市朝里川温泉の北海道ワイン工場に向いました。

工場ではワインの種類やマナーを学ぶセミナーを受講、
赤白4種類のワインを試飲して、めったに見られない工場内を見学、
売店でお好みのワインなどを買い求めていました。
wain.gif
 かんぽの宿小樽の大広間で昼食後は、旅芸人一座の歌謡舞踊ショーに全員がくぎ付け。
あでやかな着物姿の母娘による踊りには、大きな声援と喝采がおくられ、
中にはおひねりを舞台に投げ込む会員も見られました。
45分間のステージを楽しんだ後は、温泉で汗を流す人、
久々の再会で話し込む人など思い思いの時間を過ごしました。

テレビ塔前に集まり佐渡本部長のあいさつに耳を傾ける参加者たち

第19回健康歩く会

またのご参加を心よりお待ちしております。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。