--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 11. 06  
本部から園田総務部長も出席
活発に意見交換

 (公財)通信文化会館北海道地方本部の平成24年度第2回運営委員会が、11月5日にホテル札幌ガーデンパレスで開かれました。事務局から北大ジンパや釧路の文化講演会など今年上期の取り組みを報告、下期の会員増強計画を説明した後、意見を交換に移り、情報紙の毎月発行などの提案がありました。
 席上、本部の園田健二総務部長が公益財団法人としての活動状況について説明、プロジェクトチームの検討最終報告のうち「博物館資料の有効利用を図るため逓博パネルセットの貸し出しを始めたので、イベント等で大いに活用して欲しい」と語りました。さらに来年度以降、ペンフレンド活性化のための支援、博物館の貴重な資料による地方巡回展の計画を示しました。
 続いて田中治吉事務局長から今年初めて取組んだ地域会員交流施策、岡野裕基金記念講演会の実施結果などが報告されました。
また、下期の叙勲祝賀会(11月26日、札幌)、新年交礼会を来年から新春の集い(札幌、旭川、函館、帯広、釧路)と呼称を変える説明があり、最後に会員増強について「各部会、各職場で1、2人をお願いしたい」と要請しました。
 委員長の佐渡本部長による司会で意見交換に移り、運営委員から「本部発行の雑誌におくやみ欄は設けられないのか」との質問に園田部長が「公益財団という不特定多数の問題で別刷りにしている」と答えていました。また、「情報紙『北のゆう』を毎月発行できないか」、「文化講演会などは授産施設を巻き込んで開催しては」などの提案もありました。
 その後の情報交換会には、日本郵便株式会社北海道支社の小野寺敦子執行役員北海道支社長、熊谷義昭副支社長、日本郵政北海道施設センターの串田朗センター長を交え、JPグループ各社と協会の連携などについて活発に話し合っていました。


 活発な意見が交された第2回運営委員会
運営委員会
スポンサーサイト
2011. 03. 03  
通常会員大幅増実現に感謝
次年度も地方で新企画を

 逓信協会北海道地方本部(佐渡孝史本部長)の第3回運営委員会が2月28日にKKR札幌で開かれ、
事務局から今年度の会員動向や事業結果が報告され、新年度の方針などについて
意見を交わしました。

昨年札幌市内の郵政グループ各社の社員、家族を対象に初めて行った北大構内での
ジンギスカンパーティーが好評だったため新年度も9月に地下街ウォークを絡めて実施するほか、
地域とのつながりを深める狙いで地方対策の充実などの取組み方針を確認しました。

 会議の冒頭、出席者たちは2月14日に死去した中野恒彦運営委員に
黙祷を捧げ、冥福を祈りました。

続いて委員長を務める佐渡本部長が「委員のみなさんの尽力で5年ぶりに
会員数が5000台を超えました。
特にグループ各社の強い働きかけで通常会員の新規加入が300人以上となり、
今後の組織の基盤強化につながります」と感謝し、その上で
「地方の主催行事で協会の存在を身近に知ってもらい、会員ばかりでなく広く
一般住民にもアピールして郵政グループ各社の業務推進に寄与できればと
考えています」と新年度の抱負を語りました。

 さらに田中治吉事務局長から2月末現在で通常271人、賛助16人の実質増加となったが、
春の退職で通常会員が大きく減少するので、カバーを含めた次年度の勧奨協力要請がありました。
また、2月16日に終わった郵便局会社の古川洽次会長講演会など平成23年度の実施事業が報告され、
新年度に予定している事業計画が示され、各委員からさまざまな意見が出されました。

平成23年度は賛助会員対象の健康歩く会(春、秋)や囲碁大会、通常会員向けのレクレーション、
叙勲祝賀会、新年交礼会(札幌、旭川、函館、帯広、釧路)を継続することになりました。
加えてグループ各社の社業PRを兼ねて岡野裕基金を活用した逓信協会文化講演会、
これまでイベントに触れる機会のなかった地方の会員、一般の道民を対象にした新たな企画で
地域とのつながりを深めることなどを決めました。

佐渡委員長のあいさつで始まった第3回運営委員会

運営委員会


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。